はじめての近所トラブル

社会人になって何年か経ったころ、地方の田舎から、都会へ引っ越すことになりました。 都会には憧れがありましたが、自分が住んでいた世界と全く違うという思いが強く、 不安な気持ちで引越し準備をしていました。https://www.sou-un.jp/

引っ越しをしたことがなかったため、 引っ越しの際に必要な手順や情報を一切持ちあわせていませんでした。おまけに都会の不動産屋には多く訪れる事ができず、電話で相談する日々でした。 田舎では猫を飼っており、上京と共に連れていくことを決めておりました。

また、車も持っていくことにしていたため、賃貸探しはかなり絞られてしまいました。 ペット可で駐車場付き。どこにいっても、それほど多くの物件はありませんでした。やっとのことで、気に入る物件があり、契約して住み始めました。大家さんも問題なく、安心していました。

そうして、2年間そちらでお世話になり、更新料を大家さんに払った数週間後。 私は2階に住んでいたのですが、1階の住人が我が家にどなりこんできました。「毎日うるさい!猫の足音がうるさい!」 とてもすごい勢いでまくしたててくるので、 「すみません、気をつけます」と謝りました。

それから1階の住人の方を気にする生活が始まったのです。まずは足音がしないように防音シートを引きました。そして、20時に帰宅してまずやることは、猫と遊ぶことでした。 猫が疲れるまで遊んで、それからご飯の準備やお風呂。

…をしたいのですが、うるさい!と怒られてしまうのではないかと恐れてしまって、 なかなか思うように時間が使えませんでした。そうしていくうちに、毎日家に帰るのが嫌になりました。

そして2回目の引っ越しをすべく、不動産屋さんを回り始めました。 月末になり大家さんに家賃を払う日になりました。(毎月手渡しなので) 大家さん宅を訪れると、大家さん夫婦が二人そろって迎えてくれて、 1階の住人とのトラブルの話になりました。

どうやら話を聞くと、私が入居希望を出したときにペット可にしたらしく、 1階の方は全く知らなかったためトラブルになったそうです。

私は退居する方向で考えているというと、引き止めてくれましたが、 気持ちだけありがたくいただいて退居しました。 近所トラブルが怖くて、今回はメゾネットタイプ(テラスハウス)にしました。 1階の人のことを気にせずに猫が走りまわることが出来ていて、とても幸せそうです。 引っ越ししてよかった、と心から思いました。