さいたま市に引越してきて

さいたま市に引越してきて、はや十年近くになります。以前は隣市に住んでいましたが、家族構成が変わるなどの理由から新居を考えはじめ、家族の職場も近いということから、今はさいたま市内の家に落ち着きました。

幸い前の住所からもそれほど離れていないので、引越し後も文化的によく馴染めています。 さいたま市は、一口に政令指定都市といっても、旧浦和市や旧大宮市のような中心部と辺縁地帯では少々雰囲気が違うため、一緒に括ることはできないかもしれません。

ただ、市内のどこに住んでいても多方面へのアクセスが自由が利くので、市の行政サービスを受けられる範囲への移動に困ることはありません。もちろん、都内への通勤圏としても十分機能しており、都心までのアクセスについても時間や移動上の不都合はほとんどないといっていいと思います。

市内のどこかにもよりますが、コスト面ではまだまだ有利な物件も多いので、住宅購入や転居を検討している人などにはぜひ引越しをおすすめしたい地域です。車がなくても鉄道だけで移動が可能、商業施設や文化施設も豊富にあり、人口の流出入が多く特定の風土に染まっていないため、多くの人にとって暮らしやすいと感じられるのではないでしょうか。

子育て支援をはじめ、健康・医療等の福祉も充実しているため、さいたま市に引越してくる人も少なくないようです。特に小さいお子さんや高齢者の方がいる世帯には心強い制度が多い自治体だと思います。

当初のイメージでは具体的なものがありませんでしたが、実際にさいたま市に住んでみて、街全体の活気を感じています。今はここに引越してきてよかったと思っています。https://www.hikkosikun.com/